悩みは尽きないというのが人という生き物。様々なコンプレックスの解決・解消を手助けするサイトです。一人で悩まないで!

  悩み解決 コンプレックス解消サイトのナビゲーター   トップページ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の下のクマの原因と解消方法

目の下のクマの原因

目の下のクマの原因は実は二種類あります。一つ目が睡眠不足などによる『青クマ』。もうひとつが色素沈着等による『茶クマ』です。

青クマの原因は既述のとおり睡眠不足や疲労によるものです。睡眠不足になると、まず血行が悪くなります。血行が悪くなるとどうなるか?

うっ血します。本来血は体内の中を流れるものですが、目の下の皮膚の厚さは1mm以下程です。つまり、皮膚が薄いため血行不良で血がうっ血すると、そのうっ血した状態が皮膚を透けて見えてしまうのです。これが『青クマ』が起こる原因です。ちなみに血の色は本来赤ですが、血の塊は通常黒っぽく見えますよね?

これと同じ状態が目の下の皮膚で起こっているのです。

コレに対して、『茶クマ』の原因は化粧やクレンジングによる皮膚への刺激が原因です。また、紫外線なども色素沈着の原因になります。皮膚に強い刺激を与えることで皮膚にメラニン色素が定着してしまうのです。

目の下のクマ解消させる方法

目の下のクマには二通りのパターンがあります。それぞれ解消方法が違うので別々に解説します。

■青クマの場合

目の下のクマが青クマの場合、血行不良による場合が多いですので、その原因を取り除いてあげましょう。寝不足ならキッチリと睡眠をとるようにし、疲れているのなら十分に休養をとることで青クマは解消されます。ストレスによる場合は、その原因を取り除くように努めましょう。

喫煙により青クマができる場合がありますが、疲れていないのに、また睡眠不足でないのに青クマができる場合は、目の下のクマだけに注意を払うのではなく、体全体の血流が相当悪くなっていると考えられます。

できれば病院に行って血液検査をしてもらった方がいいです。

内臓に疾患が出来ている可能性もありますので・・・。

■茶クマの場合

目の下のクマが茶クマの場合、色素沈着による場合が多いです。この場合は整形外科でレーザー治療をするという方法が手っ取り早いですが、ビタミンCやタンパク質を意識して摂るようにし、洗顔などで目の下を刺激しないように優しく洗うことを心がければ、早ければ2ヶ月ほどで改善が期待されます。

通常、皮膚にできた色素沈着は、皮膚の深い部分まで達していることが多いのですが、目の下の色素沈着(茶クマ)の場合、幸いにも皮膚の厚さが非常に薄いため(1mm以下)、新陳代謝で比較的早く消すことが可能なんです。

青クマの場合でも茶クマの場合でも、目の下の血行をよくするためにマッサージをすることは非常に効果的です。刺激を与えないようマッサージオイルなどを使用し優しくマッサージすると、より早く目の下のクマを無くすことができます。また暖かいタオルなどで顔全体を暖めてあげることで皮膚はリラックスします。この方法も目の下のクマを解消する有効な手段ですので、まずは原因を解決するように努めてみてください。

スポンサーサイト

毛深い悩みを解消

毛深い原因

毛深くなる原因はズバリ男性ホルモンが多いせいです。男性ホルモンが多いと、頭髪が薄くなり代わりに体毛濃くなることが多くなります。つまり、男性ホルモンさえ抑えれれば、毛深いという悩みから解消される割合が高くなります。ちなみに、体毛が濃いのは、男性ホルモンのせいだけではないことがあります。ストレスやホルモンバランスが崩れることによって、毛深くなることがあります。

毛深い悩みを解消させる方法

まずは男性ホルモンを抑制するようにしましょう。女性の場合は、食事療法などで女性ホルモンを増やすことで、相対的に男性ホルモンを減らす方向に持っていくことができますが、男性が体毛で悩んでいる場合は女性ホルモンを増やすことはなかなかできません。ですので、ここはプラセンタ商品に頼ってみましょう。プラセンタとは胎盤のことで、美容・健康・アンチエイジングに非常に高い効果を発揮することがわかっていますが、これはプラセンタがホルモンのバランスを促す働きを持っているかと言われています。つまり過剰分泌している男性ホルモンを抑えてしまう働きがあるため、体毛も薄くなり、結果、体毛に悩むことがなるなるのです。今回紹介しているプラセンタは比較的安いものですが、高価なものだと一ヶ月二万円くらいするそうです。もちろんその分高い効果が得られるようです。⇒リピーターが90%以上。ですが、あまり高いものだと手が出ませんので、少々価格を低くしたものを紹介しました。ちなみにこれ以上価格が低いものは、プラセンタの含有量が少なすぎるため、あまり大きな効果は期待できないと思われます。プラセンタ。絶対確実とはいえませんが、プラセンタの使用で体毛の悩みから解消された方もいらっしゃいますので、サプリメントといえど馬鹿にはできませんね。

おでこのしわを取り除くトレーニング

おでこのしわ

おでこしわは加齢や保湿不足によりできるものです。でも、一番の原因は『筋肉のたるみ』が原因なんです。


眉毛を上げたときに、おでこにしわが寄る人と寄らない人がいます。その違いは、おでこにある脂肪と筋肉、それにおでこの幅の違いからおこります。ですので、眉毛を上げたときに寄るしわについては、残念ながら解消するのは難しいです。ただ、普通の状態なのにおでこのしわがそのまま形になってしまっているという場合は、おでこのしわを取り除く方法はあります。そのしわを取り除くトレーニング方法を紹介します。



おでこのしわ解消トレーニング

おでこしわ解消トレーニングの方法は以下の通りです。

■正面を向き人差し指と中指を眉毛の形に沿って、左右のまゆと額の中間にあてます

■眉毛の形に沿った状態で指を真下にずらし眉毛を押し続けます

■目をやや上に向け、眉毛を押し上げる・緩めるを繰り返します。(このときおでこにシワが寄らないように注意してください)これを10回~15回続けます

■今度は、指を更に眉毛に押し続けます。(より圧迫感を感じるくらいまで、または少し痛みを感じるくらいまで)

■そのままの状態で眉毛を強く押し上げ続けます。これを約30秒ほど続けてください


このトレーニングを一日2回行えば、筋肉にハリが出ておでこのしわも消えていきます。なお、目の周りの表情が硬いと思われる人は、一日3回行ってください。また、顔の皮脂で指が滑る場合は、指にティッシュペーパーを巻いて指が滑らないようにしてください。このトレーニングが終わった後は、化粧水でたっぷりと保湿をおこなってくださいね。

頬のこけ を 治す

頬のこけ

こけるのは遺伝が原因です。例えば、ダイエットをしたとき顔から痩せる人もいれば、べつの部位から痩せる人もいます。もともと頬に贅肉が付かない体質の人は、頬がこけやすくなっています。


こういった人は、贅肉で頬をふっくらさせるのが難しいです。ならば別の方法で頬をふっくらさせましょう。


頬のこけ 解消トレーニング

こけを治すには、ズバリ!脂肪注入のみ!!なんてことはありません。先ほども申し上げたとおり、頬がこける人は顔に贅肉が付きにくい人です。では頬をふっくらさせるための、贅肉の変わりになるものとはいったい何なのでしょうか?


答えは筋肉です。

顔には表情筋という筋肉があり、表情筋は他の筋肉と同様、鍛えると肥大する筋肉です。つまり、頬の筋肉を鍛えることでこけを解消すればよいのです。表情筋は鍛えにくい部位ではありますが、以下の方法なら頬の筋肉をピンポイントに鍛えることができます。


頬のこけでお悩みの方は、是非トライしてみてください。


①あごを軽く突きだす形で口をあけます

②上唇と上の歯がピッタリとくっついた状態で口角を上げます

(このとき、ちょうどスイカを割ったような形になります)

④両頬の筋肉に力が入っている状態を意識します。

③両方の手の平をかるく頬にあて、さらに口角を上げる感じで上斜め後ろに軽くずらします

⑤両頬の筋肉が膨らんでるのをイメージしながら、両手を離し、30秒数えます


頬こけ解消トレーニングは、一日2回行えばOKです。

このトレーニングのポイントは頬の筋肉を伸ばすのではなく、膨らませるイメージを持ってトレーニングすることです。


早い人で1週間、遅い人でも3週間で効果はでてきます。



花粉症 対策 予防 効果的な対策はコレだ!

花粉症対策

花粉症対策には色々あります。特に多いのが症状別対策です。しかし、それ以前に自分が花粉症アレルギーのどの段階にいるか?について把握しておく必要があります。というのも、抗体の有無や抗体の量によって、花粉症対策は変わってくるからです。


抗体がある場合

症状:鼻水・涙が止まらない・クシャミが止まらない・目の周りが荒れる・体がダルく頭がボーっとする



対策:薬で治療する場合、その種類や効果が違うため必ず医師の判断を仰いでください


ステロイド系⇒即効性がありますが、副作用が強く目や鼻の周りに副作用が残ることが多い。重病患者にしか使われないため、説明もなくステロイド系の薬を出された場合は注意してください。

また、花粉症に対する免疫を弱める効果があるため、悪循環に陥る薬です。


抗アレルギー剤⇒即効性があるものや、服用後一ヶ月後から効果のあるものなど様々です。効果が表れるまでの期間が長い薬の方が、副作用が少ない傾向があります。



抗体が無い場合

症状:軽く鼻水が出たりクシャミをすることがありますが、体は花粉症の存在を、普通のホコリ程度にしか認識していないため薬を服用する必要はありません。


対策:抗体が無い人は、言い換えるなら花粉症予備軍であると言えます。いつ体が花粉症にたいして抗体を作るかわかりません。できるだけ抗体が出ないように、日ごろから免疫力を高める対策をする必要があります。



花粉症対策は、普段の生活から対策を!

花粉症になる原因は、体が花粉を『外敵』だと勘違いしてしまうからです。通常、花粉は体の中に入って悪さをするウィルスとは異なるため、体機能も花粉をホコリと同じように扱っていたのです。しかし、最近では車のホコリやたばこの煙などの有害物質が増えたと同時に、風邪等に対して薬を服用することが増えたため、体機能は低下し免疫力も低下しました。このため、体機能は、ホコリや花粉さえも『体に害をなす物質』と判断し抗体を作るようになってしまったのです。こういった背景があるため、現代人はアトピー性皮膚炎や花粉症を患っている人が多くなってしまったのです。


花粉症対策に効果がある方法は、免疫力の向上です。先に言っておきますが、西洋医学では花粉症の症状を抑えることはできますが、根本的解決は絶対にできません。これまで説明した通り、悪化させることの方が多いのです。本当に花粉症を克服したいのであれば、免疫力を高めるように努力しましょう。


一度出来てしまった抗体は、すぐに消えることはありません。しかし、体本来の免疫力を高めることによって、体機能が花粉の存在を『ただのホコリと一緒』と認識するようになれば、抗体は働くことがなく自然に消えていきます。


免疫力を高める方法

バランスの良い食事を心がけ、十分な睡眠をとるようにする。

理由:ホルモンのバランスを崩さないようにするためには、まずバランスの良い食事をすることが大切です。また、免疫力を高める成長ホルモンは、十分な睡眠時間をとらないと適量が分泌されません。


日ごろから運動を心がける。

理由:運動をすることにより新陳代謝を促します。新陳代謝を盛んに行っていると免疫力が高まります。


ストレスを溜めない。

理由:ストレスは自律神経を不安定にさせます。自律神経が不安定になるとホルモンのバランスが崩れ、免疫力が低下します。


軽い風邪程度なら、薬は飲まないで治すようにする。

理由:薬を飲むことで病気を治すため、体に備わっている免疫力を発揮することができなくなります。そうなると、体は『どういったときに外敵をやっつけるのか(=免疫)』を判断できなくなり、体に侵入して増殖することのない花粉を、ウィルスと判断してしまうようになるのです。


花粉症対策で重要なこととは、要は体の免疫力を高めることです。

風邪を引いたら薬を飲む。ホコリがあるから空気清浄機を買う。睡眠不足だから栄養ドリンクを飲む。こんなことを繰り返していたら、体は免疫力を高める機会を失ってしまいます。過去、日本人で花粉症の人は本当に少なかったんです。ですが、今は五人に一人が花粉症と言われています。


箱入り娘ならぬ、箱入り体にしないようにすれば、花粉症は克服できます。


 | HOME |  »

人気あいてむ

部位別悩みカテゴリ

検索フォーム

悩み一覧

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

フリーエリア

  • seo

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細及びcookieオプションを使用しないようにする場合は Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスしてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。